婚活戦闘記☘

婚活のこと、マンガのこと、日々思ったこと☘ 気ままに書いています😘Twitter hapiko123

強い劣等感で苦しくなって、好きな人との恋を壊した話

もともと、私は劣等感が強かった。
必要以上の劣等感を持ってしまうと、幸せな恋の邪魔になる。

人には、長所も短所もある。
短所ばかりをずっと見続けると、劣等感は大きくなる。

恋愛がうまくいかない時、自分の中で 理由を探していた。

外見?少し太っているから?
年齢?30歳を過ぎたから?
人付き合いが苦手な所?


いったい何が原因だろうと探していた。
自分の中に、うまくいかない理由を探し始めると、気持ちがしんどい。
ずっと、自分で自分の悪口を言い、責めている状態。明るさがなくなる。

明るさがなくなり、どよ〜んと落ち込んだ空気では、余計に恋愛もうまくいかない。



そんな時に、前から友達だった男性と付き合うことになった。

5歳下で、穏やかな優しい性格の人。
同じ趣味が縁で、仲良くなった。

友達として気楽におしゃべりができた。一緒にラーメンを食べたり、趣味の話をしたり、とても楽しかった。

この人となら、ちゃんとした恋愛ができるかもと思った。だから付き合うことにした。


相手に何か問題があったわけじゃない。
きちんと働いている。真面目な会社員。

毎日連絡も取り合っていたし、週に1〜2回は会っていた。
共通の友達もいるから、身元もわかっている。
他に誰か別の女性がいる様子もない。

疲れていても、会いたいと言えば会ってくれていた。
誕生日には、かわいいアクセサリーをくれた。
彼なりに好きでいてくれたんだろう。


ただ、「好きだよ」など、あまり言葉にしてくれない。愛情表現が少ない人だった。


私は劣等感からか、
気持ちに余裕がなかった。

何をするのでも、考え過ぎてしまう。
あまり好きだと言ってくれない。
好きじゃないから、何も言ってくれないのでは?と思うようになった。

こんな自分のどこが良いんだろう。
相手が年下なこともあり、不安だった。
付き合うことになったけど、本当はからかわれているだけ?
ウソなんじゃないか?
疑ってしまって、苦しい。


ちょっとした言葉遣いで、
やっぱり別れたいのでは?
無理して付き合っているのでは?
ダークサイドからしか、物事を見れない。


相手から、どう見えるのか、
すごく気になった。
必要以上に気にしてしまっていた。

好きな相手なのに、
ぜんぜん楽しくなかった。
精神的に追い詰められていくようで、
しんどいだけだった。

友達として過ごしていた頃のほうが、何も考えないで、自然と過ごせていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
とても励みになります╰(*´︶`*)╯♡
よかったら、また遊びに来てくださいね。